• ホーム
  • 睡眠導入剤でも眠れない場合

睡眠導入剤でも眠れない場合

安眠する女性

睡眠導入剤は上手く寝付けない人、眠ることができない人にとって非常に頼りになる存在です。
普段だとなかなか眠りにつけないという人であっても、これを使用することでたちまち眠れるようになったというようなことも少なくありません。
ですがこうした薬は体質によってやはり効果に差が出てくるものですし、そもそも症状によっては睡眠導入剤では対処しきれないということもあり得ます。
では睡眠導入剤を使っても眠ることができないという場合にはどうすれば良いのかというと、これはやはり専門医の診察を受けるべきです。
受診するとすれば内科か精神内科、不眠症外来などが適切ですが、基本的にはまず内科を受診して健康の確認をするというようにして良いでしょう。
ここでもし体に不調があるというように診断されたのであれば、その不調を治療することで睡眠導入剤に頼らずとも不眠症を解消できる可能性があります。
また内科では何も問題が見受けられなかったというような場合には、精神内科でメンタルケアを重点的に行うべきとなります。
人の睡眠は精神と深く関与していますから、強いストレスを感じたり、精神に異常をきたすような事実に直面した直後などはこうしたメンタルケアが必要です。
ただ絶対に行ってはならないこととして覚えておかなくてはならないのが、勝手に睡眠導入剤の服用量を増やすということです。
薬は多く飲めば多く飲むほど効果が強くなると考えている人が多いのですが、少なくとも睡眠導入剤に関しては大量に服用しても、リスクと効果が釣り合うことはありません。
飲んで眠ることができるようになったとしても翌日まで眠気が取れなくなったり、強い不安感を抱くようになったりと、大量服用に良いことは何もないのです。
もし睡眠導入剤でも眠れないというような場合には、素直に病院を受診するようにしましょう。

関連記事
人気記事一覧