• ホーム
  • 知らないと危険!睡眠導入剤の依存性について

知らないと危険!睡眠導入剤の依存性について

よく眠る女性

睡眠導入剤は不眠症に悩まされる人に処方される薬ですが、かつてはこうした「睡眠薬」にはさまざまな悪いイメージがありました。
現在ではそうした悪いイメージを払しょくするためにもさまざまな研究がおこなわれ、かつてと比べれば遥かに安全な医薬品になったと言えます。
しかしだからと言って、睡眠導入剤が完全に安全なものになったのかと言われると、判断が難しい部分も多いのです。
その理由としてあるのが「睡眠導入剤には依存性がある」ということです。
この依存性というのは何も睡眠導入剤に限った話では無く、抗うつ剤や抗不安剤といったような他の医薬品、アルコールなどの身近な物質にも存在しています。
そのため睡眠導入剤だけに依存性があるという話にはならないのですが、服用時にはこの依存性について必ず理解が必要です。
特に不眠症という原因があって処方されている以上、不眠症自体が改善しなくてはいつまでも飲み続けるということにもなりかねません。
長期間飲み続ければそれだけ依存症が発症しやすくなります。
そしてさらに大きな問題になるのが、依存症になった後で急に薬を断とうとすると離脱症状が現れることがあるということです。
離脱症状はそれまで使っていた薬が無くなったことによって体が起こす発作のような物で、耳鳴りや感覚過敏、痙攣といったような症状が引き起こされます。
これは依存症が酷くなる前であればある程度抑制することができるのですが、一度依存症が悪化してしまったあとだとこの離脱症状にも注意をしつつ、薬の投与を中止するというようにしなくてはならなくなるのです。
睡眠導入剤を飲み始めたことで安眠できるようになったと言っても、それはあくまでも一時的なものにとどめておくことが必要です。
もしいつまでも改善が見込めないようであれば薬を増やすのではなく、カウンセリングなどのメンタルケアも含めて別の治療法を検討するようにしましょう。

関連記事
  • 安眠する女性
    睡眠導入剤でも眠れない場合 睡眠導入剤は上手く寝付けない人、眠ることができない人にとって非常に頼りになる存在です。 普段だとなか... 2019年07月13日
アーカイブ
人気記事一覧
最近の投稿